ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2016.02.05 Friday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.10.06 Sunday

EGitからマージ

ブランチを作ったので、次はマージの手順です。
ex.) masterphase2へマージする場合
・Eclipse
ブランチはphase2(マージされる側)を選択しておく
プロジェクト(右クリック)⇒チーム⇒マージ
master(マージする側)を選択してマージ
コミット
※競合が発生した場合、競合を解決してaddする。
subversionでは「競合の解決」というコマンドがあったけれど、gitでは、addする。
なんで変わってしまったか。addでは、少し分かりにくい。
あと、マージツールというのもある。
参考
2013.10.02 Wednesday

gitブランチの作成とeclipseからの参照設定

gitでブランチを作成し、eclipseから参照できるよう設定をしました。
プルできるようにする設定が必要なのは、ちょっと煩雑。
subversionと違って、チームからブランチの切り替えができるので、ブランチごとにプロジェクトを作成する必要がないのは便利かもしれない。

ex) ブランチ名「phase2」を作成

・サーバレポジトリにブランチを作成
cd /home/gitrepo/xxx
git branch phase2

・eclipseでブランチを参照する設定
プロジェクト(右クリック)⇒チーム⇒切り替え⇒新規ブランチ
ブランチ名に
phase2
を入力し、完了

以降は、
プロジェクト(右クリック)⇒チーム⇒切り替え
からトランク(master)、ブランチ(phase2)を切り替えることができる。

・クライアントEclipseでブランチをプル可能にする設定
ウィンドウ⇒設定⇒チーム⇒Git⇒構成
エントリーの追加
キー:branch.phase2.merge
値:refs/heads/phase2
を入力し、OK

参考
2013.08.08 Thursday

gitレポジトリの作成

CakePHPの開発環境にgitを採用しました。
centosにgitレポジトリを作成して、クライアントPCのEclipseのEGitプラグインから利用。
プッシュ時にデプロイするフックを設定しました。
デプロイにjenkinsとか必要かと思っていましたが、フックだけでできちゃいました。
subversionでもフックってあったらしい。
ビルドもできるね。知らなかった。
jenkinsはテストを自動化して、レポート作成が出来る点が強力なのだろう。
とりあえず、そのときのサーバ側の設定メモ。

■gitインストール
wget http://packages.sw.be/rpmforge-release/rpmforge-release-0.5.2-2.el5.rf.i386.rpm
rpm -Uvh rpmforge-release-0.5.2-2.el5.rf.i386.rpm
yum install git
centosにはレポジトリがないので、追加をするのがポイント

■サーバレポジトリ作成
レポジトリディレクトリを作成(gitrepo.gitをレポジトリにする場合)
mkdir gitrepo
cd gitrepo
git init

管理ファイルをレポジトリへコピーして、追加、コミット
cp -pR /home/xxx .
git add .
git commit -m 'initial commit.'
※今回はcakephpのプロジェクトを登録したのだけど、.gitignoreにconfigなどの初期ディレクトリのいくつかが記述されているので、管理したい場合は消す。

共有レポジトリを作成
cd ..
mkdir gitrepo.git
git clone --bare gitrepo gitrepo.git

共有レポジトリはみんなで触れる
chmod -R o+w gitrepo.git

さっき作ったレポジトリは使わないので削除
rm -rf xxx

■プッシュ時フック設定
cd gitrepo.git/hooks
vi post-update
 
※post-updateの内容
#!/bin/sh
cd /home/gitrepo.git
git archive master | tar -x -C /home/htdocs/xxx 

シェルに実行権限を付与
chmod 755 post-update

※レポジトリはプロジェクトごとに分割したほうがよい。
 svnはサブディレクトリからチェックアウトできたが、gitはrootディレクトリからのチェックアウトになるみたい。
2013.07.08 Monday

gitBREAKとBitbucket

gitBREAKはgitレポジトリを無料で利用できるサービス。
githubが非公開レポジトリを有料にしているのに対して、git-breakは無料で利用できる。
転職サイトの運営会社のコンテンツのひとつで、登録に勤務先やら年収やらを入力しないのが面倒らしい。
もうひとつ、atlassianが提供するBitbucketというgitのレポジトリサービスも非公開レポジトリが無料で利用できるのだけれど、こちらは5ユーザまでが無料という制限がある。
Bitbucketを使ってみようかな。
Powered by
30days Album
PR