ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< free | main | PostgreSQLインストール >>
2016.02.05 Friday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.05.25 Tuesday

CentOS5インストール

会社で業務の検証のためにCentOS5をインストールした。
新しいPCは使わせてもらえなくて、VMware Playerを使用した。
VMware Playerとは、windows上に仮想環境を構築するフリーのソフトウェア。
なので、windowsのVMware Player上でCentOSを動作させることができる。
ftpやtelnetなんて、使えて普通だったので、一からやると、設定が難しい。
unix系の開発もしばらくしていなかったので、コマンドも忘れている。。
おおまかな手順を記す。

■環境構築
CentOS5.5
http://ftp.osuosl.org/pub/centos/5.5/isos/i386/

easyVMX
http://www.easyvmx.com/

VMware Player
http://www.vmware.com/jp/products/player/

■OSインストール手順
・OSをダウンロード
CentOS5.5
http://ftp.osuosl.org/pub/centos/5.5/isos/i386/

・VMware Player起動ファイル作成
easyVMXのサイトへ。
http://www.easyvmx.com/
SuperSimpleを選択。

以下を入力。
Virtual Machine Name:CentOS5
Select GuestOS:Redhat Enterprise Linux 4
Memory Size:320MB
# of CPUs:1CPU
Disk #1:Disk Size 4.7GB(Fits on a DVS)

Create Virtual Machineを押下し、zipファイルをダウンロード。

・VMware Player起動ファイル設定
CentOS5.vmxファイルの「ide1:0.deviceType」と「ide1:0.fileName」を編集。

# Settings for physical CDROM drive 
ide1:0.present = "TRUE" 
ide1:0.deviceType = "cdrom-image" 
ide1:0.startConnected = "TRUE" 
ide1:0.fileName = "C:¥VMWare¥OS¥CentOS5¥CentOS-5.1-i386-bin-1of6.iso" 
ide1:0.autodetect = "TRUE"

・インストール
VMwareを起動し、「開く」からCentOS5.vmxを選択。

・OSの設定
参考:http://www.yocchi01.com/~CentOS5/install/install03.html

・telnetインストール
コマンドラインから
yu install telnet-server

・telnetの設定
参考:http://blog.goo.ne.jp/j-watanuki/e/ad19bf558f373b46016115a581396617

・ftpインストール
デスクトップから
アプリケーション→ソフトウェアの追加/削除を選択。
ブラウズタブから
サーバー→FTPサーバーを選択し、適用。

SELinux(セキュリティ設定)を有効にしていると接続は出来るが、ファイルの送受信ができないので、無効化した。
参考:http://kajuhome.com/security_trouble.shtml#n02-02

・ftpの設定
参考:http://www.yocchi01.com/~CentOS5/server/server04.html

参考:http://fnya.cocolog-nifty.com/blog/2008/01/vmware_player_c_8f7f.html

2016.02.05 Friday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
PR