ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 1人でソーシャルゲームを作る肝 〜開発企画実践編〜 | main | 『HTML5実力テスト』答え合わせ勉強会! >>
2016.02.05 Friday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2012.11.21 Wednesday

【アジャイルサムライ】#17 イテレーションの運営:実現させる

・イテレーション開発
範囲を限定した開発を繰り返し、機能を作り上げていく。
1つの反復の期間は、1ー4週間くらいが多い。
開発の単位を小さくすることで、リスクを小さくする。
1つの開発が終わると、プロジェクトの優先度を評価し直す。

・カンバン
トヨタが開発した情報伝達システムにに由来する開発手法。
カードを使って組み立てラインのパーツ補充の工程を調整する仕組み。
カンバンはイテレーションせずに、優先度の高いものから出来る作業量だけ作業を行っていく。
運用やサポートの仕事に向いている。

2016.02.05 Friday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
PR