ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< lua | main | nohanaを使ってみました >>
2016.02.05 Friday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.10.27 Sunday

macでapacheを動かす

ホームページを作っているんですが、共通部品をjQueryのloadで実装することにしました。
loadを使うと、htmlファイルを読み込むことができるので、共通部品の再利用が実現できる。
seoとしてはダメそうな気がするけれど、これはこれで便利。
私は使う。
ローカル環境ではloadがエラーになるので、apacheで動かすことにしました。

・apacheインストール
macのapacheは初期状態でインストールされているので、不要

・/private/etc以下に書き込み権限追加
finderを起動
移動⇒フォルダへ移動
/private/etcを入力して、移動ボタン押下

移動後、cmd+iでプロパティ表示
右下の鍵マークをクリック
パスワードを入力
+ボタンを押下し、作業ユーザを選択し、選択ボタン押下
設定ボタンを押下し、内包している項目に適用を選択
再度、鍵ボタンを押下

・設定ファイルを編集
vi /private/etc/apache2/httpd.conf

DocumentRootとDirectoryのパスを作業ディレクトリに変更

ついでにphpとperlを有効化
LoadModule php5_module libexec/apache2/libphp5.so
LoadModule perl_module libexec/apache2/mod_perl.so
のコメントを外す

設定ファイルを保存

・apacheを起動(または再起動)
sudo apachectl start(restart)

これで、http://localhostにアクセスできました。
jQueryのloadも動作します。

馴染みのあるlinuxと設定ファイルの場所が異なるけれども、macは初めからapacheが入っているところがイケてるね。

参考
HTMLを分割(jQueryを利用)
Mac (OS X Mountain Lion) でApache & PHP を有効にし、Dropboxで同期する方法
 
2016.02.05 Friday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
PR