ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 【ファンクションポイント法】4.ユーザ視点 | main | 【ファンクションポイント法】6.FP計測タイプの決定 >>
2016.02.05 Friday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.01.06 Thursday

【ファンクションポイント法】5.計測の流れ

ファンクションポイント法での、計測の流れについて示す。
詳細は後述。

1.FP計測タイプの決定
タイプは、
 1.新規開発計測
 2.機能拡張測定
 3.アプリケーション測定
の3つがある。


2.計測範囲の決定、アプリケーション境界の決定
計測対象を明確化する = 実装範囲の決定


3.データファンクションの計測
未調整ファンクションポイント(Unadjusted Function Point(UFP))のうち、
・ILF(Internal Logical File) → 内部論理ファイル
・EIF(External Interface File) → 外部インタフェースファイル
を測定する。
※CPMは、3.概要に前述


4.トランザクショナルファンクションの測定
未調整ファンクションポイント(Unadjusted Function Point(UFP))のうち、
・EI(External Input)  → 外部入力
・EO(External Output) → 外部出力
・EQ(External inQuiry) → 外部照会
を計測する。
※CPMは、3.概要に前述


5.未調整ファンクションポイントの計算
3および4で計測した未調整ファンクションポイントを合計する。


6.調整係数の計算
システムの難易度を示す調整係数(Value Adjustment Factor(VAF))を求める。
調整係数は、アプリケーションに見られる一般的特徴14項目を0〜5のレベルで評価し、それらを合計した値(Toral Degree of Influence(TDI))を以下の式に代入して求める。

VAF = (TDI * 0.01) + 0.65

VAFは、0.65〜1.35となる。(5で求めたFP値が±35%になるということ)


7.調整済みファンクションポイントの計算
調整済みファンクションポイント(Adjusted Function Point)を未調整ファンクションポイント、調整係数、計測タイプから算出する。
2016.02.05 Friday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
PR