ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 【人事考課】3.人事考課ケーススタディ | main | 【ファンクションポイント法】10.未調整ファンクションポイントの計算 >>
2016.02.05 Friday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.04.03 Sunday

【ファンクションポイント法】9.トランザクショナルファンクションの計測

アプリケーション境界ごとの要素処理の計測する。
要素処理の単位で、どれだけの情報をやりとりするかを値化。

1.アプリケーションに存在する要素処理を抽出
要素処理は「アプリケーション境界の決定」で抽出済み
【ファンクションポイント法】7.計測範囲の決定、アプリケーション境界の決定


2.要素処理をEI、EO、EQのいずれかに区別
要素処理を以下のいずれかに決定する。
・EI(外部入力)
→データ入力を受け付ける。

・EO(外部出力)
→データを加工し、出力する。

・EQ(外部照会)
→データを加工しないで出力する。


3.要素処理のデータエレメントタイプとファイルタイプリファレンスを数える
・DET(Data Element Type)
→要素処理がアプリケーション境界をまたいで使用し、かつユーザが認識できる繰り返しのないデータのフィールド数。
 ボタンなどのトリガーも1と計上する。
 ユーザが認識できるフィールドであるが、キー値も1と計上する。

・FTR(File Type Reference)
→要素処理が参照、更新などでアクセスするファイル数。

を計測し、要素処理の複雑度を求める。


4.要素処理の複雑度を求める
以下の表から要素処理の複雑度を求める。
・EIの複雑度の求め方

1 - 4DET5 - 15DET16以上DET
0 - 1 FTRLowLowAverage
2FTRLowAverageHigh
3以上FTRAverageHighHigh

・EO、EQの複雑度の求め方

1 - 5DET6 - 19DET20以上DET
0 - 1 FTRLowLowAverage
2 - 3FTRLowAverageHigh
4以上FTRAverageHighHigh


5.複雑度から要素処理のFP値を求める
以下の表から要素処理のFP値を求める。
・FP値の求め方

LowAverageHigh
EI346
EO457
EQ346
2016.02.05 Friday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
PR