ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2016.02.05 Friday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.11.25 Thursday

進化する文字入力

ITホワイトボックスの再放送「進化する文字入力」

携帯電話の文字入力の発展と今後についてです。
やはり、使い勝手のよいユーザインターフェースが勝ちます。

・予測変換
いかに短いキータッチで目的の文章が打てるか。
携帯電話が普及したいま、おなじみの機能ですが、時間帯で変換候補の優先順位を変えているというのは初めて知って、ちょっと唸った。
朝:お→おはよう
夜:お→おやすみ
みたいなこと。

・タッチパネル
従来の「抵抗膜方式」から、現在は「静電容量方式」が主流となっている。
◆抵抗膜方式
→膜と膜を接触で検知。

◆静電容量方式
→静電気で接触を検知。感度良好。

・音声認識
音声をメール等の入力文字に変換する機能。
内臓アプリケーションで変換するのかと思っていたけれど、サーバー経由だそうです。
2010.11.07 Sunday

スマートフォンはこれまでの携帯と何が違う?

ITホワイトボックス「スマートフォンはこれまでの携帯と何が違う?」
再放送ですが、見てない回で、興味がありましたので、見ました。

・インターネット端末
回線が高速になったこと、CPUが高性能化したことにより、携帯電話でのインターネット利用が快適になった。
→画面の小ささ、入力インターフェースの使い勝手が気になりますが、もう携帯電話パソコンといっても云いすぎではないですね。

・汎用OS
従来はメーカーごとに異なるOS、異なるソフトウェアを開発していたが、最近のスマートフォンは汎用OSを使用している。
→特別、ナニとは云っていなかったけれど、linuxかなと思い調べてみました。
Symbian(nokia)→Symbian OS
Microsoft(hp, casio, 東芝, nec, 富士通など)→Windows Mobile
google(sony, sharp)→andoroid(linuxベース)
Research In Motion→Black Berry
apple→iOS
→汎用といっても、いろいろありますね。
時代はオープンソース。たいていのものはオープンソースで揃っているので、そういえば、最近、コア部の開発はない。

・アプリストア
開発したアプリを売買する市場。いろいろな人がいろいろなアプリを作成している。
→誰でも参入出来るから、これって、ビジネスチャンスじゃん。。
私も作ってみたい。

いまさらだけど、システムエンジニアだったら、これくらい使っておかないとマズそう。。
SEの友人によると、開発たいへんらしい。
休みも働いてます。。
2010.09.26 Sunday

明日を変える!新規ネットビジネス

ITホワイトボックス「明日を変える!新規ネットビジネス」
最近のネットビジネスについて。

・デジタルシネマ
映画上映はフィルムからハードディスクを使ったデジタルデータへ。
jpeg2000という規格では、jpegに比べて画像の質を落とさずにデータ圧縮が可能となった。
さらにネットワーク回線を利用した上映も試験的に行われている。

・モバイルwifiルータ
携帯電話回線を利用して、wifi接続を行うルータ。
屋外でのネット通信が可能。
ゲーム機、携帯パソコンなど、ネット通信機器が増えてきているという背景のもと、普及中。

・ライフログ
生活の記録を利用したサービス。
個人の検索履歴、ブログ、メールなどから、ユーザの嗜好を分析し、サービスを提供する仕組み。
まだ、ビジネスとして注目を集めている段階。

最終回でした。
いい番組でした。
2010.09.26 Sunday

ITでもエコ活動はできるの?

ITホワイトボックス「ITでもエコ活動はできるの?」
ITで行うエコ。「グリーンIT」とも云います。

・仮想化技術
複数台で機能していたサーバの機能を1台のサーバマシンに統合する。
近年のマシンの高機能化により実現可能になった。
サーバの台数を減らすことで、電力代を浮かす。
仮想マシンのソフトウェアは、VMWareとか。。

・スマートグリッド(賢い送電網)
ITを使い、電力を効率的に利用する。
太陽光発電で蓄電した電力を電気自動車に使用したり。。

・ウォーターソリューション
水道管の圧力をITで制御し、漏水を減らす。

身近なところで、ペーパーレスとかあるけれど、もっと大きな規模でいろいろな研究、利用がされていました。
2010.09.11 Saturday

1クリックの値段とは?ネット広告の秘密

ITホワイトボックス「1クリックの値段とは?ネット広告の秘密」
ネット広告の話題ですね。
これは、Freeのまとめ記事を読んだので、ちょっと知っています。

・検索連動型広告
検索に連動して、広告を表示することで、ユーザの関心ごとにマッチした広告を出す。
テレビの広告などに比べて、安価で有効なため、中小企業が広告を出せるのがよいところ。
google検索の右、スポンサーリンクとか。

・位置連動型広告
携帯電話のGPS機能を使用して、現在位置に関連した広告を出す。
現在、ユーザの行動を分析して、よりマッチした広告を出せるようなシステムを開発中とのこと。

・フリーミアム
フリー(無料)+プレミアム(割増料金)をかけあわせた造語。
サービスを無料提供し、高機能版の利用に関して、課金するビジネスモデル。
路線案内は無料だが、高機能版では、路線案内後の目的地までの徒歩経路、所要時間を算出してくれるなど。

便利になりました。
興味のある広告だけが目に入るというのは、広告主と消費者のお互いの利になって、とてもよい。
精度が上がって、より有益な情報が見れることを期待したい。
2010.09.05 Sunday

話題沸騰!電子ブックの衝撃

ITホワイトボックス「話題沸騰!電子ブックの衝撃」
電子書籍の話題です。

・電子ペーパー
電子インクという技術で、画面を書き換えてしまうので、パソコンのように常に電源をONにしておくことなく表示が可能。本の文字を表示するのに非常に適している。
amazonのkindleなど。

・書籍アプリ
パソコンのアプリケーションを使用して、本を表示する。アプリケーションなので、いまパソコンでできているようなことは何でもできる。書籍コンテンツから、画像、動画、ショップなどと連携することにより、本のあり方が変わっていくことでしょう。
appleのipadなど。

・著作権データベース
国立国会図書館では、書籍のデジタル化と著作権の所在を明確化する作業を行っているそうです。デジタル化は保存に適しています。著作権については、日本では、デジタル書籍としての取り決めがないため、普及に到っていない。それを、整備していくことが課題。

電子書籍は楽しみ。
とりあえず、著作権切れの本が読めるだけでも充分もとがとれると思う。
本の置き場にスペースをとらなくて済むことも助かる。
2010.09.02 Thursday

タダでテレビ会議ができるわけ

ITホワイトボックス「タダでテレビ会議ができるわけ」
インターネット電話ですね。

・インターネット電話
skypeなどインターネットを利用した通話システム。
音声、画像をパケット変換し、通信することで実現。
通常の電話は専用線を使っているので、安定するが、インターネット電話は、もともとの通信の上に相乗りする形となるので、安定しないこともある。
が、無料のメリットは大きいし、切れたりっていうこともないほとんどないと思う。

・P2P(Peer to Peer)
いくつかのコンピュータのグループをスーパーノードと呼ばれるコンピュータがIPアドレスを管理し、やりとりができる通信方式。
他のグループとの通信は、スーパーノード同士が接続し、実現する。
スーパーノードがサーバの役割をしているので、負荷分散ができることがメリット。
ファイル共有で有名ですね。

・ユニファイドメッセージング
電話、ファックス、電子メールなど様々な経路でやりとりされる通信を統合し、一元管理する技術。
ファックスの内容を電子メールで受け取ったり、留守番電話をボイスメールとして、受け取ったりすることができる。
そんなサービスあるんですね。

前の彼女とwebカメラとマイクを一緒に買って、無料だから、いくらでも話ができるね!ということになりましたが、彼女はパソコンの電源をつけるのが面倒らしく、結局、2回くらいしか使わなかったということを思い出しました。
一緒に買ったにも関わらず、相談もなく、仕舞われたことにIはshockしました。
2010.08.21 Saturday

検索の未来はどうなるの?

ITホワイトボックス「検索の未来はどうなるの?」
発達する検索の技術について。

・リアルタイム検索
twitterからの検索がリアルタイムに可能になっている。
従来の検索は、検索エンジンのクローラがwebサイトの情報を収集し、その情報に対し、検索をしていたが、twitterの情報は、クローラを介さずに、検索エンジンに情報を提供し、すぐに検索が可能になる。
その中から、信頼のある発言者、発言の多いキーワードなどで、ランク付けがされる。
google検索で、アップデートというのがそう。(初めて使ってみた)
そういった仕組みから、電車遅延、地震など、ニュースよりも、つぶやきのほうが情報の公開が早いということも現実に起こっている。

・動画検索
動画の音声を自動認識し、その音声の単語に対して、検索を行える技術、類似画像を検索する技術が開発中。

・自然言語検索
単純なキーワードの一致だけでなく、キーワードに対する同義語についても、検索を行い、ユーザが求める情報をより、広範囲な情報の中から検索してくれる技術。
京都大学で研究している「TSUBAKI」という検索エンジンがある。(初めて使ってみた)
2010.08.12 Thursday

世界中で大人気!SNSの魅力とは?

ITホワイトボックス「世界中で大人気!SNSの魅力とは?」
SNSについて。

・SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)
mixi、facebook、twitterなど登録ユーザ同士がインターネット上でコミュニケーションをとるためのツール。
1997年は知り合い限定で公開していたが、2003年から自由参加できるようになり、多くの人が利用している。

・ソーシャルアプリ
日本ではゲームが思い浮かぶが、海外では就職活動や社会問題議論アプリというものがよく利用されるといい、文化の違いを感じる。
日本では匿名で多く利用されているが、海外では実名、実写真での利用が多く、ビジネス的な視点で使われる機会が高まっている。

・六次の隔たり
自分の知り合いから、おおよそ6人を経由すれば、目的の人にたどり着くというアメリカの社会心理学者スタンレー・ミルグラム博士が提唱した理論。
博士の実験は、知らない人に向けて、この人を知っていたら、手紙を送ってください、知らなければ、その人を知っていそうなあなたの知り合いに手紙を送ってください。という内容の手紙を160通送り、42通が目的の人に届いた。そのときに経由した人の平均が5.83人。
SNSでも、知り合いから6人を経由するとユーザの90%には到達するのだそう。
友達の友達は友達。

私もtwitter, mixi, facebookはアカウントを作ったんですが、ほとんど使ってないですね。
自分の発信に対して、人からの反応があるっていうのは、面白いことだとは思うんですが、そういうサイクルを作れていない。
でも、まわりをみても、SNSにハマっている人って、かなり一部の人なんではないかなあという気もする。
2010.08.02 Monday

ここまで来た!最新デジタルテレビ

ITホワイトボックス「ここまで来た!最新デジタルテレビ」
最近のテレビ事情について。

・テレビ液晶
かつて、液晶は表示の書き換えが遅く、テレビに向いていなかったが、改良され、テレビに採用された。
10フレーム→60フレーム

・DSP(Digital Signal Processing)デジタル信号処理
倍速
1コマ目と2コマ目の間に絵を作り、より滑らかな動画表示を行う。

超解像
映像を解析し、補正する。

・3Dテレビ
左右の目に異なる画像を見せることで、立体視を行う。

メガネあり
テレビで左目用、右目用の画像を高速表示し、メガネでそれぞれの目に映像が届くよう切り替える。

メガネなし
画面の表面にバリアという縦の細かいすき間を入れ、左右の目に異なる画像を見せる。
Powered by
30days Album
PR