ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2016.02.05 Friday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2012.07.12 Thursday

第31回 html5とか勉強会

第31回 html5とか勉強会に参加しました。
テーマはjavascript MVCフレームワーク。
4つのjavascriptフレームワークを紹介していました。
それぞれ15分という短い時間だったので、どういうふうに使うものなのか、理解できませんでした。
これから、勉強したいと思います。
node.jsとかcoffeescriptとかモバイル向けフレームワークとか最近、javascriptが熱い気がします。
このほかにもたくさんのjavascriptフレームワークが存在します。
あと、googleの北村さんがライブコーディングで使用していたSublime Text2も気になりました。
vimでhtmlのコード補完がバリバリ動いていました。


NHN Japan 清水大輔さん

Acroquest Technology 村田賢一郎さん

CyberAgent 斉藤祐也さん

Google 北村英志さん

togetter:

ほか
2012.07.03 Tuesday

html5セミナー

株式会社asialの主催するhtml5のセミナーに参加してきました。
phpのバックエンドやスマートフォンアプリの開発に特化した技術を持つ会社です。
monacaというスマートフォンのクロスプラットフォーム開発環境をブラウザ上で公開したり、技術者育成のためのセミナーなども開催しています。
技術力の高い会社なのでしょう。

超入門ということで、概要の説明でしたが、しっかりとした資料を作成されていて、勉強になりました。
内容はだいたい、
html5がいま始まりつつあるということ、
その背景にスマートフォンの普及があるということ、
スマートフォンには、クロスプラットフォーム問題があり、
ハイブリッドアプリケーション開発の重要性
というような感じでした。

あと、印象に残ったことをメモ
・sumsungとintelがtizenという新osを作成している
・css3も重要である
・webフォント(フォントをダウンロードして表示する技術。ただし、日本語は文字数が多すぎて使うには問題がある)
・asialはブラウザの幅が480pxより大きいものをpc, 小さいものをモバイルとして扱っている
・クロスプラットフォームの場合、iPhoneのUIを採用すると、androidでも違和感が少ないらしい

説明中、紹介していたhtml5を使用した事例をメモ
・svgを使ったサイト

・web GLを使ったサイト

・html5を使った企業サイト
2011.12.08 Thursday

Canvas

JavaScriptで図形描画を行う機能。
いままでFlashでは実現できたが、htmlではできなかった。
そして、html5ではできる。
・直線描画
・円描画
・着色
・テキストの加工
・画像ファイルのドラッグアンドドロップ
・画像ファイルの加工
以上を組み合わせて、グラフを描いたり、時計を描いたり、画像ファイルをアニメーションさせたりすることができる。
何に利用したら効果的だろう。

以下のサイトにも参考になる。
2011.10.07 Friday

html5

買いました。html5覚えます。
有用なホームページを作りたいです。

2011.02.03 Thursday

ie8

仕事で、ie8の調査をしてたんですけれど、かなり仕様が変わっている模様。

■getElementById
・以前
inputタグのnameまたはidの名称でオブジェクトを取得

・ie8
inputタグのidの名称のみでオブジェクトを取得

→name属性しか書いていないinputがあり、値を取得している処理がエラーで実行できず。

<input type="hidden" name="xxx">

<input type="hidden" name="id">


■imgタグ
・以前
alt、title属性をツールチップ表示

・ie8
title属性のみをツールチップ表示

→そもそもaltは画像が表示できなかったときに表示するものなのだけれど、altで作っちゃったもんだから、表示されない。

<img src="xxx" alt="xxx">

<img src="xxx" title="xxx">

あとは、ドキュメントタイプを互換モードにするっていうのもあるけれど、標準モード前提で作っているようなので、出来ない。
曖昧さを排除したあるべき姿になってるのだろうけれど、プログラマって動けばいいっていう感覚で作っちゃうものなのかなあ。
あと、ie8って動作がすごく速くて驚いた。

参考:http://www.emxas.co.jp/itblog/item_275.html
2010.12.03 Friday

htmlのdtd

webシステムの開発で、端末による違い(厳密にはieのバージョンも微妙に違う)で、htmlの見栄えが変わるというのを調べました。

htmlにdtd(Document Type Definition)を宣言することができます。
同じhtml4.01を利用していても、DTDにより、さらにルールが分類されるということ。

・HTML 4.01移行型DTD
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd">
→非推奨要素、属性を利用不可。フレームはだめ。

・HTML 4.01厳密型DTD
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/strict.dtd">
→非推奨要素、属性を利用不可。フレームもだめ。最も厳しいルール。

・HTML 4.01 フレーム設定型DTD
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Frameset//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/frameset.dtd">
→非推奨要素、属性を利用不可。フレームはOK。最も緩いルール。

私の場合、テーブル中のテーブルに対して、スタイルシートが適用されませんでしたが、「HTML 4.01移行型DTD」を宣言することによって、解決。
通常は、これを使うみたいですね。
それで、こんな記述が必要だったのだと、他のページも見てみましたが、宣言していたり、していなかったりとまちまち。。
こういうのを前の記事に書いたのインクルードに含めておけば、一発で全ページに適用できてしまうんですけどね。。
もう稼動しちゃってますし、問題ないんでしょう。

※追記
ドキュメントタイプを省略すると、「互換モード」という古いバージョンのブラウザに合った表示を行います。現在のブラウザには新機能の追加、バグ改善がされていますので、意図しない表示をする場合があります。「標準モード」を使用しましょう。
Powered by
30days Album
PR